太郎が渋谷にやってくる/SEIKO
こんにちは。

すっかり、寒くなってきました。
明治通りの木々もずいぶん色づいています。

この秋、渋谷には大きな出来事があります!!

日本を代表する芸術家
岡本太郎の壁画『明日の神話』が渋谷に恒久展示されるのです。

場所はJR渋谷駅西口と井の頭線改札を結ぶ
渋谷マークシティ2F連絡通路。
11/17(月)より一般公開の予定です。


b0070066_22354745.jpg








この壁画についてはお聞きの方も多いかと思いますが、
原爆をテーマにしており、大阪万博の『太陽の塔』と同時期に
製作されたそうです。

以前、私は原爆というものについて、
どうとらえて良いのかわからず少し距離を感じていました。

広島や長崎出身ではない私が声高に原爆について言うことに抵抗があったのですが、
岡本太郎が『原爆は民族の体験だ』と発言しているのを知り、
自分の中にすぅーと戦争や原爆を受け入れることができ
自分の経験として思えるようになったのです。

そんな岡本太郎の原爆をテーマにした『明日の神話』が渋谷にくることは
縁があるんだなと思っています。
私が受けた気持ちをJINGOの活動に活かしていく責任を感じ、気合いが入ります。

個人的には岡本太郎の作品は彫刻のほうが明るくて好みです。
その他、岡本太郎の出している書物はとてもおもしろく、
日本人であることと、グローバルな世界で生きることについて
強いメッセージが込められています。

一番面白かったのは、『今日の芸術』です。
いきなり、「絵はうまくであってはならない」と言っています。
芸術や美術論だけでなく人生観が語られていて、
今までの価値観をぶち壊されるショッキングな一冊でした。
横尾忠則や五木寛之も影響を受けたそうです。

ご興味がありましたら、ぜひ読んでみて下さいね。
[PR]
by jingotokyonippon | 2008-11-13 22:39 | SEIKO
<< サテンJKT入荷しました!/S... 世界を魅了!トークボックスを/... >>