<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ニッポンの憂鬱

いやあ、びっくりしました。
24才の女の子が大家さんを殺しちゃったっていう練馬の事件。

間借りしていた家賃を6か月滞納していて、督促に来た大家さんを刺しちゃったそうです。

不幸な出来事だなと思いました。
「仕事もなく、生きていくのがもういやになった」って話ですけど、
家賃を半年も払わずに大家さんちの部屋で暮らしてるんですから、
精神的には相当追い詰められてましたよね。仕事もないわけですし。
そこへ顔を合わせての督促ですから。
家賃のやりとりに不動産屋さんの仲介でも入っていれば
少し違ったのかもしれませんけどね。


家賃滞納するのも刺しちゃうのも本人が悪いことには変わりませんが、
24才なんていう若い女性が希望をなくし、自暴自棄になって、
結果、人殺しをし起こしてしまう社会なんて…悲しくないですか?

甘えてるだとか意気地なしだとか、本人に努力が足りないとかあるかもしれませんが、
ちょっとそれだけでは済ませられないような気がしてなりません。


手立てはあったと思うんです。
役所に相談してみるとか、無料の弁護士相談なんかもあるじゃないですか。

自分では思いつかなくても
だれか相談できる家族や友人はいなかったんですかね。
だれか手助けしてあげられる人は近くにいなかったのでしょうか?

人が寄りつかないくらい性格が悪かったんでしょうか。
意地悪だったり意地汚かったり、いじけてたりしてたんでしょうか。

それとも人を頼れなかった?


24才なんて恋でも仕事でも、これから楽しいことがいっぱいできるのにって思いますけど、
事件後の「仕事もなく、生きていくのがもういやになった」という言葉には絶望と孤独しか感じません。

事情やいきさつはどうであれ、未来あるはずの若い人からこんな言葉を聞くのはつらいです。


人生ってうまくいくときもあれば、なにをやってもうまくいかない時期もあると思うんです。

だれかがそれを教えてあげていたらこんなことにならなかったのでは?
そう思うのはぼくだけでしょうか。胸が痛みます。

b0070066_00130643.jpg

[PR]
by jingotokyonippon | 2016-10-11 00:21 | ニッポンの憂鬱
ニッポンの憂鬱
ブログを始めよう!と思ったのとほぼ同時に、
フランスの詩人・ボードレールの詩集「パリの憂鬱」が頭に浮かびました。
それでブログに本タイトルをつけたのですが、深い意味を考えていません。

現代日本を深くえぐる!みたいな記事を期待させちゃってたらごめんなさい。
軽い気もちで書いていくつもりです。


このボードレールの著作も20代のころに文庫本を買って読んだなぁくらいです。
タイトルを覚えているだけで、内容は覚えていないし読後の感想すら覚えていません。

でもこの「パリの憂鬱」ってタイトルはいいですよね。想像力が刺激されます。
都市が抱える相反するさまざまな事柄…光と影、成功と失敗、発展と凋落など、
極端に幸せなものと極端に不幸せなものを同時にイメージします。
大都会の内面が暴露されているような、そんなタイトルです。


さてこのブログはどうでしょう?「ニッポンの憂鬱」…うーん、やっぱりあまり考えていないですね。
無責任に、思いついたままです。
でもユウウツなんて言葉が自然に出てくるくらいですから、自分の中にそういう気分があるんでしょう。
ですから日本についてというよりもむしろ「自分の憂鬱」かもしれませんね。
もしかしたら「今日の憂鬱」程度がふさわしいかもしれません。


こんなぎょうぎょうしいタイトルをつけたものの、実はこの憂鬱という漢字、ぼくは書けません。
しかしパソコンだと一発で変換されるため、気軽に何度も使ってしまっています。
今数えたらここまでに6回も使ってました。うっとうしいですね。

パソコンで簡単に漢字の言葉が使える一方、
難しい漢字が多い、めんどうくさい読みものに仕上がるという皮肉。
このようなジレンマが現代の日本の憂鬱をもたらす原因のひとつかもしれません。
あ、いやちょっと大げさですね。
ぼくの憂鬱の原因…いや、今日の憂鬱の原因といったあたりでしょうか。
[PR]
by jingotokyonippon | 2016-10-09 01:02 | ニッポンの憂鬱